GSアライアンス、生分解性樹脂の技術が国連専門機関プラットフォームに登録

  • 印刷
  • 共有
国際連合工業開発機関「サステナブル技術普及プラットフォーム(STePP)」のロゴマーク
国際連合工業開発機関「サステナブル技術普及プラットフォーム(STePP)」のロゴマーク

GSアライアンス(兵庫県川西市)は3月17日、同社が開発した100%天然バイオマス系材料由来・生分解性樹脂の技術が、国際連合工業開発機関(UNIDO)東京投資・技術移転促進事務所(東京事務所)のサステナブル技術普及プラットフォーム(STePP)に登録されたと発表した。

今回の登録では、同社の石油を含まない100%天然バイオマス原料由来の機能強化型生分解性樹脂の技術が評価されたという。具体的な内容は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事