> > 農水省、環境基本方針を策定 「SDGs時代にふさわしい」3つの理念

農水省、環境基本方針を策定 「SDGs時代にふさわしい」3つの理念

画像はイメージです

農林水産省は農林水産業・食品産業における環境政策の方向性を取りまとめた「農林水産省環境政策の基本方針」(環境基本方針)を策定し、3月16日に公表した。

農林水産業は環境と密接に関わる産業であり、近年の気候変動などは農業経営や食料の安定供給に大きな影響を及ぼし、国際的にも極めて重要な課題となっている。農林水産業・食品産業の成長が環境も経済も向上させる環境創造型産業への進化を理念に掲げ、「SDGs時代にふさわしい」(同省)環境基本方針を取りまとめたとしている。

環境方針の理念

環境方針に掲げた3つの理念は下記の通り。

  1. 農林水産業・食品産業における環境負荷低減への取組と同時に環境も経済も向上させる環境創造型産業への進化
  2. 生産から廃棄・再生利用までのサプライチェーンを通じた取組と、これを支える農林水産・食品産業政策のグリーン化及び研究開発の強力な推進
  3. 事業体としての同省の環境負荷低減の取組と自己変革

環境基本方針における主な取組

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.