> > 一六タルト、食品ロス削減へ包装をリニューアル 高いバリア性で賞味期限伸長

一六タルト、食品ロス削減へ包装をリニューアル 高いバリア性で賞味期限伸長

今回パッケージをリニューアルした「一六タルト」(出所:一六本舗)

創業138年目を迎える菓子店の一六本舗(愛媛県松山市)は3月18日、賞味期限伸長による食品ロス削減と包材資材質量の削減などを目的に、同社定番商品「一六タルト」のパッケージをリニューアルしたと発表した。

同商品の包装材料のフィルムを、酸素透過度が低くバリア性のある、凸版印刷(東京都台東区)の「GL BARRIER(ジーエルバリア)」に変更した。従来品のフィルムと比較して湿度や温度の影響を受けにくいため、美味しさを保ちながら賞味期限を1~2週間程度伸長できるようになった。

同社では従来、販売可能日数を超過した(賞味期限が近く店頭では販売が好ましくない)商品を破棄していたが、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.