> > 住宅の省エネ性能「説明義務化」に対応 LIXILが無料の新サービス

住宅の省エネ性能「説明義務化」に対応 LIXILが無料の新サービス

LIXIL(東京都江東区)は3月18日、2021年4月からスタートする「住宅の省エネ基準適否の説明義務化」に対応した、ウェブ上で使える新サービス「LIXIL省エネ住宅シミュレーション(無料)」の提供を開始した。

この新サービスは、長期優良住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金など、公的な申請に必要となる省エネ計算に対応したビルダー向け無料試算ソフト「水道光熱費シミュレーション」を全面的にリニューアルしたものだ。住宅設計者の手間を削減するとともに、省エネ住宅の提案力向上に貢献するサービスとして提供する。なお、利用にはユーザー登録が必要。

建築物省エネ法の改正により、2021年4月から住宅の省エネ性能について、設計段階で建築士から顧客への説明が義務化される。そのため、建築士は設計した住宅の省エネ計算を実施した上で、その性能を正確に顧客へ伝える必要がある。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.