スマートソーラー、釧路町と協定締結 再エネによる防災・減災対策

  • 印刷
  • 共有
(出所:スマートソーラー ウェブサイト)
(出所:スマートソーラー ウェブサイト)

スマートソーラー(東京都中央区)は3月19日、北海道釧路町と、「防災と減災と自然環境の賢明なる利用を同時実現できる事業」の協定締結式を行った。

同事業は、釧路町が実施した「大規模自然災害を想定した社会資本整備と低炭素社会の実現」を目的とした応募型プロポーザルによるもの。スマートソーラー社が提案した「釧路町の複数の地区の主要拠点に蓄電池太陽光発電システムを導入し、停電を伴う自然災害時に、避難場所等の施設の電力ライフラインを確保し、再エネ電力による低炭素社会を実現する事業」が選定された。事業開始は2020年中、2023年春までの目標達成を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報