> > 古河電工、岩手・三陸鉄道の復旧にリサイクル素材の「トラフ」で貢献

古河電工、岩手・三陸鉄道の復旧にリサイクル素材の「トラフ」で貢献

陸中野田-野田玉川間 グリーントラフ(R)施工箇所(©三陸鉄道)

古河電気工業(東京都千代田区)は3月23日、2019年の台風19号の影響で運行を停止していた岩手・三陸鉄道で、同社製のリサイクルプラスチックを主原料とした資材「グリーントラフ(R)」が、土砂流出した現場の復旧作業に採用され、工期短縮に貢献したことなどを発表した。

三陸鉄道の全線運行再開(3月20日)にあたり、古川電工のグリーントラフ(R)責任者が現地を訪問し、運行再開を祝うとともに安全・安心・快適なまちづくりに向けた取り組みを継続することを再確認した。三陸鉄道では2011年の東日本大震災の復旧にあたってもグリーントラフ(R)を使用している。

トラフとは、地表・地中に電線やケーブルを布設する際にこれらを内部に収納し保護するケースをいう。グリーントラフ(R)は、一般家庭で排出されるプラスチックごみなどのリサイクルプラスチックを主原料として、エコマークを取得している。

コンクリートトラフの約4分の1の軽さが工期短縮に貢献

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.