> > 日本の温室効果ガス削減目標、据え置きで国連へ提出 30年度26%削減

日本の温室効果ガス削減目標、据え置きで国連へ提出 30年度26%削減

NDC提出を契機とした我が国の更なる削減努力の追求について(出所:環境省)

政府は3月30日に開催した地球温暖化対策推進本部で、パリ協定に基づき、国連気候変動枠組条約事務局へ再提出する温室効果ガス削減目標について、2015年に示した「2030年度に2013年度比26%減」を据え置くことを決定した。この削減目標は、日本の「自国が決定する貢献(NDC)」として、速やかに手続を進め、事務局へ提出する予定。

今回提出するNDCついて政府は「現在の地球温暖化対策の水準から、さらなる削減努力の追求に向けた検討を開始することを表明するもの」と説明した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.