> > 国交省、自動車の燃費ランキングTOP10を発表 1位は達成率205%の…

国交省、自動車の燃費ランキングTOP10を発表 1位は達成率205%の…

国土交通省は3月31日、自動車の燃費ランキングを公表した。2019年末時点で販売されている乗用車のうち、最も燃費の良い乗用車は、普通・小型自動車ではプリウス (トヨタ自動車)、軽自動車ではアルト(スズキ)とキャロル(マツダ)だった。

同省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表するとともに、燃費(1リットルの燃料で自動車が走行する距離)の良い乗用車を発表している。

今回は、2019年末時点の「自動車燃費一覧」を新たに公表するとともに、燃費の良い乗用車ベスト10を発表した。なお、日本独自の試験方法である「JC08 モード」の燃費値の比較は今回で最後となり、次回からはより実際の走行環境に合わせた国際的な試験方法である「WLTC モード」の燃費値を比較する予定。

2019年 燃費の良い乗用車ベスト10

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.