> > SMBC「新規石炭火力、支援原則せず」 ESG方針を公表

SMBC「新規石炭火力、支援原則せず」 ESG方針を公表

画像はイメージです

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ/東京都千代田区)は4月16日、ESGリスクに関する考え方について方針を公表した。石炭火力発電、水力発電、石油・ガス事業、パーム油園開発等に対する支援とリスク評価について定めたもので、5月1日から運用開始。グループの主要子会社である三井住友銀行、SMBC日興証券、三井住友ファイナンス&リース、SMBC信託銀行で各事業に沿う形で導入される。

環境や社会へ大きな影響を与える可能性が高い事業・セクターである、石炭火力発電、水力発電、石油・ガス事業、炭鉱採掘、タバコ製造、自然保護地域、パーム油園開発、森林伐採、クラスター爆弾やその他殺りく兵器の製造に対するもの。この方針は、外部環境を踏まえつつ、今後も積極的に見直しを検討する予定。

方針の概要は、下記の通り。

石炭火力は原則支援せず、水力発電は環境社会リスクを評価

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.