> > 横浜国立大学、コーヒー粕からセルロースナノファイバーの生成に成功

横浜国立大学、コーヒー粕からセルロースナノファイバーの生成に成功

(出所:横浜国立大学)

横浜国立大学 大学院の研究グループは、コーヒー抽出後に残るコーヒー粕からセルロースナノファイバーを生成することに成功したと発表した。また、電子顕微鏡やNMRなどの先端機器を用いて、この物質の構造解析を行い、木材由来のセルロースナノファイバーの特徴と類似していることを明らかにした。

この成果は、非木材・廃棄物であるコーヒー粕は、セルロースナノファイバーの原料として十分に利用できる可能性を示し、持続可能な開発目標(SDGs)の「ゴール12. 持続可能な生産・消費」に貢献するものと期待されるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.