> > 東京都、廃プラ有効活用へ産廃業者らと実証事業 船でセメント工場へ共同輸送

東京都、廃プラ有効活用へ産廃業者らと実証事業 船でセメント工場へ共同輸送

実証事業の流れの概要(出所:東京都)

東京都は4月27日、廃プラスチックの国内での新たな資源循環ルートを構築するため、業界団体と民間企業などと連携し、国内有効利用に向けた実証事業を5月中旬から開始すると発表した。実施期間は2022年3月末まで。

実証事業の実施に当たって、東京都環境公社(東京都墨田区)、産業廃棄物処理業者の業界団体である東京都産業資源循環協会(東京都千代田区)、太平洋セメント(東京都港区)と東京都の4者の間で協定を締結した

実証事業では、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.