明治、九州工場で自家消費型の太陽光発電を稼働 リユースパネルも活用

  • 印刷
  • 共有
(出所:明治)
(出所:明治)

明治(東京都中央区)は4月24日、自社工場における再生可能エネルギーの活用について、取り組みの第一弾となる九州工場(福岡県八女市)の太陽光発電設備の設置を完了し、同月より、自家消費型の太陽光発電を開始したと発表した。

明治・九州工場の屋根上に設置された約2,800枚のパネルのうち、約1,000枚超はリユースパネルが使用されている。設置工事を行ったのはネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)で、同社の発表によると、設備容量は676.80kW(発電出力・モジュールベース:860.11kW)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報