> > 東京都、2020年以降の持続的発展に向けた設備投資を支援 最大1億円助成

東京都、2020年以降の持続的発展に向けた設備投資を支援 最大1億円助成

東京都中小企業振興公社(東京都千代田区)は5月7日から、都内産業が2020年以降も持続的発展を維持できることを目的とした「革新的事業展開設備投資支援事業(第7回)」の申請予約を開始した。

同事業は、革新的な事業に挑戦する中小企業などが、さらなる発展に向けた競争力強化や成長産業分野への参入、IoT・ロボット活用、後継者によるイノベーションを目指す際に必要となる最新機械設備の購入経費の一部を助成するもの。これまでに500社を超える企業を採択、支援している。

最新機械設備の購入経費の一部を助成 最大1億円

同事業のポイントは以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.