> > ハウス食品、「持続可能なパーム油」の調達を開始 まずルウ製品相当分を切替

ハウス食品、「持続可能なパーム油」の調達を開始 まずルウ製品相当分を切替

画像はイメージです

ハウス食品(大阪府東大阪市)は4月28日、自社工場で購入しているパーム油について、同月からRSPO認証パーム油への切り替え開始したと発表した。同日現在で顆粒・ペースト製品を除くルウ製品への使用量相当分を調達しており、今後、国内のグループ拠点で製造するレトルト製品への使用量相当分についても切り替えを進めていく。

同社では全ての自社工場(関東工場、静岡工場、奈良工場、福岡工場)とレトルト製品を製造するサンハウス食品において、2020年1月にRSPOサプライチェーン認証を取得。同社の主力製品カテゴリーである、ルウ・レトルト製品における認証パーム油への切り替えが可能になった。

第六次中期計画の重要な取り組みに位置づけ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 51 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.