> > 環境省、新型コロナ対策に「ナッジ」を活用した取り組みを募集

環境省、新型コロナ対策に「ナッジ」を活用した取り組みを募集

クリックで拡大します
募集する取り組みの例(出所:環境省)

環境省は5月1日、新型コロナウイルス感染症対策において、ナッジ(そっと後押しする)等の行動科学の理論・知見を活用して、市民の自発的な行動変容を促す取り組みの募集を開始した。応募期間は6月1日(正午必着)まで。

応募された取り組みは、行動経済学や社会心理学等の有識者の協力の下、日本版ナッジ・ユニットBESTの事務局である環境省が確認し、優れた取り組みを公表する予定。

今回の募集は、無理なくできる取り組みや楽しく継続できる取り組み、感染症対策の理解を深める取り組み、生活習慣やライフスタイルを見つめ直す気づきを与える取り組みなどを考えてもらい、自ら実践してもらうこと、また、結果を報告してもらい、広く共有することを目的としている。

具体的には、「人との接触を8割減らす」「『三つの密』など避ける」「手洗い、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底」などの実現を後押しする取り組みを募集する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.