> > 北海道における廃プラ処理の実態などの調査結果が公開

北海道における廃プラ処理の実態などの調査結果が公開

画像はイメージです

経済産業省北海道経済産業局は、北海道における産業公害の防止を目的として、プラスチック処理の現状や廃プラ発生抑制のための処理方策、CO2をメタノールなどの化学物質の原料として利活用するカーボンリサイクル推進の現状と課題について調査を実施し、結果を公表している。

北海道における廃プラスチック処理の現状と課題とは?

調査結果によると、北海道における産業廃棄物の廃プラスチック類は、農業用廃プラスチックや漁網、成分の特定や汚れの洗浄、リサイクルを進めるための中間処理に、手間と費用がかかるものが多い傾向がある。このため、地域に受入れ可能な焼却施設やRPF製造施設等がない場合には、直接埋立処分される場合が多いものと考えられるという。

同調査で示された北海道における廃プラスチック処理の課題と対応策は次の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.