> > インターアクション、解体工事業者へ作業改善サポートを開始 規制強化に対応

インターアクション、解体工事業者へ作業改善サポートを開始 規制強化に対応

画像はイメージです

インターアクション(大阪府大阪市)は5月14日、解体工事の作業環境改善サポート活動を開始すると発表した。解体工事業許可企業に対しロングタイプのフレコンバッグの活用を呼び掛けることで、アスベスト建材が含まれる解体現場で働く作業員の健康被害を防ぐサポートを行う。6月1日から開始する。

同社では、廃棄物・リサイクル資源の収集・運搬作業の効率化をサポートする石綿(アスベスト)運搬用リレーバッグ(フレコンバッグ)を製造・販売している。今後、石綿に対する法規制が厳しくなることが予想されることから、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.