> > 旭化成、宮崎の水力発電設備改修でグリーンボンド発行へ 100億円を予定

旭化成、宮崎の水力発電設備改修でグリーンボンド発行へ 100億円を予定

五ヶ瀬川発電所全景

旭化成(東京都千代田区)は5月11日、宮崎県延岡地区の工場群に電力を供給している水力発電所設備の改修工事資金を、公募形式のグリーンボンド(無担保普通社債)の発行で調達すると発表した。発行時期は6月以降で、発行年限は5年、発行額は100億円を予定している。

同社は2019年度から3カ年の中期経営計画で「サステナビリティ」を重点要素に位置付けている。こうしたなか、再生可能エネルギーの長期的な活用に向け、同社が所有する「五ヶ瀬川発電所」と「馬見原発電所」の2カ所の水力発電所設備の更新と高効率化を行う改修工事を進めており、この工事資金をグリーンボンドの発行により調達する。

主幹事証券会社は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.