> > パートナーズ、気仙沼市でソーラーシェアリング事業を開始 牛用の牧草を生産

パートナーズ、気仙沼市でソーラーシェアリング事業を開始 牛用の牧草を生産

千葉エコ・エネルギー(千葉県千葉市)は5月25日、同社が事業化を支援した、パートナーズ(宮城県気仙沼市)のソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)設備が気仙沼市において竣工したと発表した。

この事業は、パートナーズが自社で取り組む初の太陽光発電と農業の共生モデルとして企画したもの。作物は牧草(オーチャードグラス)を選定し、地権者でもある営農者が飼育する牛の飼料として生産する。

千葉エコ・エネルギーは、今回の事業に際してソーラーシェアリングの専門家として事業化支援を依頼され、営農計画策定を含む一時転用許可申請を進めるに当たってのアドバイザリーサポートや、専門家として発電設備の下における牧草栽培についての営農意見書を発行した。

農大卒社員の入社など、4つの好条件が後押し

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.