> > 豊田通商、国内全事業所で「実質100%再エネ化」達成 J―クレジット活用

豊田通商、国内全事業所で「実質100%再エネ化」達成 J―クレジット活用

画像はイメージです

豊田通商(愛知県名古屋市)は5月25日、国内すべての事業所で使用する電力の全量を、実質的に再生可能エネルギー電力にしたと発表した。再エネ発電由来のJ-クレジットを活用し、11都道府県18カ所の事業所における2019年1月以降の使用電力をCO2フリーにすることにより、実質100%の再エネ化を実現したかたちだ。

同社はこの取り組みについて、2018年3月に策定した「意識すべきサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)」のひとつに掲げる「クリーンエネルギーや革新的技術を活用し、自動車/工場・プラントCO2を削減することで、低炭素社会移行に貢献」に向けた活動の一環だとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 61 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.