> > 2017年度の産廃処理施設の状況を公表 首都圏の埋立ては依然厳しく

2017年度の産廃処理施設の状況を公表 首都圏の埋立ては依然厳しく

画像はイメージです

環境省は6月2日、2017年度の産業廃棄物処理施設の設置状況と、産廃処理業の許可の状況について、実績をとりまとめ公表した。産業廃棄物処理施設の設置状況は全体で20,757施設(前年度比49施設減)、そのうち最終処分場は前年度から133件減少し、残余年数は全国では16.4年だったが、首都圏では5.0年と依然として厳しい状況にあることが分かった。

調査対象は、47都道府県、75政令市。調査結果の概要は、下記の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.