> > 環境省が「気候危機」を宣言 小泉大臣「危機感を共有して、社会変革を促す」

環境省が「気候危機」を宣言 小泉大臣「危機感を共有して、社会変革を促す」

小泉環境大臣会見のようす(環境省公式YouTubeより)

小泉 進次郎環境大臣は6月12日の会見で、「環境省として『気候危機宣言』をする」と述べた。同日閣議決定された2020年度「環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」に初めて、気候変動問題を「気候危機」ととらえられていることを明記したことを示し「この白書と環境省の気候危機宣言を契機に、今後多くのプレーヤーとこうした危機感を共有して社会変革を促していきたい」と語った。

小泉大臣は同白書に掲載した、2019年の東日本台風による河川氾濫と、オーストラリアの森林火災の写真を紹介し「大規模な気象災害が国内外で多発するようになった。今後地球温暖化に伴って、豪雨災害や猛暑のリスクがさらに高まることが指摘されており、まさに我々は危機に直面をしていると考えている」と述べた。

さらに

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.