資源エネ庁ら、洋上風力「促進区域」に秋田と千葉の4カ所を指定

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

資源エネルギー庁と国土交通省港湾局は7月21日、「秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖」「秋田県由利本荘市沖(北側)」「秋田県由利本荘市沖(南側)」「千葉県銚子市沖」の3カ所4区域について、洋上風力発電施設の導入拡大を促す「再エネ海域利用法」に基づく促進区域に指定した。

再エネ海域利用法では、国が促進区域の指定をしようとするときは、あらかじめその旨を公告し、その案を2週間縦覧に供することと決められている。4区域の指定の案について、6月16日から6月30日までの2週間、、農林水産大臣、環境大臣等の関係行政機関の長への協議、関係都道府県知事及びそれぞれの区域における協議会への意見聴取を行った。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報