九都県市、「水素社会」実現に向け国へ要望 補助制度継続・規制緩和推進など

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

九都県市(埼⽟県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は6月24日、経産省・国交省・環境省の3省に対し、「⽔素社会」の実現に向けた着実な取り組みを推進するため、水素ステーション設置・運営に関する補助制度の継続や規制緩和などについて要望した。

国が策定した「⽔素基本戦略」「⽔素・燃料電池戦略ロードマップ」に沿った取り組みを推進するためには、コスト低減、インフラ整備、規制緩和、さらなる技術開発など多くの課題があり、官民一体となった普及拡大策が求められている。こうした課題を踏まえ、九都県市⾸脳会議での合意に基づき、要望を実施したもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報