> > 九都県市、「水素社会」実現に向け国へ要望 補助制度継続・規制緩和推進など

九都県市、「水素社会」実現に向け国へ要望 補助制度継続・規制緩和推進など

画像はイメージです

九都県市(埼⽟県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は6月24日、経産省・国交省・環境省の3省に対し、「⽔素社会」の実現に向けた着実な取り組みを推進するため、水素ステーション設置・運営に関する補助制度の継続や規制緩和などについて要望した。

国が策定した「⽔素基本戦略」「⽔素・燃料電池戦略ロードマップ」に沿った取り組みを推進するためには、コスト低減、インフラ整備、規制緩和、さらなる技術開発など多くの課題があり、官民一体となった普及拡大策が求められている。こうした課題を踏まえ、九都県市⾸脳会議での合意に基づき、要望を実施したもの。

具体的な内容は以下の通り。

水素ステーションの設置・運営、規制緩和推進など要望

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.