世界初、水素を輸送する国際実証試験が本格化 「水素キャリアの循環」開始

  • 印刷
  • 共有
有機ケミカルハイドライド法による未利用エネルギー由来水素サプライチェーン実証(出所:NEDO)
有機ケミカルハイドライド法による未利用エネルギー由来水素サプライチェーン実証(出所:NEDO)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月25日、世界初となる国際間で水素を輸送する実証試験を本格的に開始したと発表した。水素キャリアとして用いるトルエンを、需要地の日本から供給地のブルネイへ逆輸送し、繰り返し水素輸送に使用する作業を開始した。これにより、「一連のプロセスで構成される水素サプライチェーンが完成し、安定稼働に入った」とした。

この実証試験は、水素社会構築に向けたNEDOの助成事業において、次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合(AHEAD/神奈川県横浜市)とともに取り組んでいるもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報