> > 4月の宅急便「再配達率」は8.5%、調査開始以来過去最も低く 国交省

4月の宅急便「再配達率」は8.5%、調査開始以来過去最も低く 国交省

画像はイメージです

国交省は6月26日、2020年4月の宅配便再配達率が約8.5%で、調査開始以来最も低くなったと発表した。前年同月と比較して約7.5ポイント減少した。同省は「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛要請等から宅配便利用者の在宅時間が増加し、1回での受け取りが増えたこと等が影響したものと考えられる」としている。

今回の調査結果は以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.