遠隔監視の「セルフ水素ステーション」実現へ 日本エア・リキードの計画認定

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

経済産業省は6月26日付けで、産業競争力強化法に基づき日本エア・リキード(東京都港区)が申請した新事業活動計画を認定した。同計画は、安全性の確保のために必要な対策を講じた上で、遠隔監視によるセルフ水素ステーション(圧縮水素スタンド)の運営を行うもの。

今回の認定により、安全性を確保しつつ、水素ステーションの運営費の削減や燃料電池自動車ユーザーの利便性向上につながることが期待されるとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報