> > 遠隔監視の「セルフ水素ステーション」実現へ 日本エア・リキードの計画認定

遠隔監視の「セルフ水素ステーション」実現へ 日本エア・リキードの計画認定

画像はイメージです

経済産業省は6月26日付けで、産業競争力強化法に基づき日本エア・リキード(東京都港区)が申請した新事業活動計画を認定した。同計画は、安全性の確保のために必要な対策を講じた上で、遠隔監視によるセルフ水素ステーション(圧縮水素スタンド)の運営を行うもの。

今回の認定により、安全性を確保しつつ、水素ステーションの運営費の削減や燃料電池自動車ユーザーの利便性向上につながることが期待されるとしている。

新たな規制の特例措置について

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.