> > 営農型太陽光発電ハウスを千葉に建設 耕作放棄地解消と農業の経営安定めざす

営農型太陽光発電ハウスを千葉に建設 耕作放棄地解消と農業の経営安定めざす

千葉県睦沢町に建設中の「次世代農業用ソーラーハウス」(出所:チェンジ・ザ・ワールド)

チェンジ・ザ・ワールド(山形県酒田市)は6月29日、耕作放棄地の解消と農業の経営安定へ向けたソリューションとして、太陽光発電システム搭載の「次世代農業用ソーラーハウス」を千葉県睦沢町に建設中だと発表した。完成は6月末を予定。今後、町の観光施設として開発を進めていくとともに、全国の農家や農業法人に販売していく。

同社の「次世代農業用ソーラーハウス」は、屋根に太陽光パネルが取り付けられた農業用ビニールハウス。ハウスの構造材に太陽光架台を使用するため、通常の農業用ビニールハウスと比べ耐久性に優れる。また、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.