> > 太陽電池セル技術の特許侵害訴訟、米で決着 独では一審判決

太陽電池セル技術の特許侵害訴訟、米で決着 独では一審判決

画像はイメージです

ハンファQセルズがアメリカで提起した太陽電池セル技術の特許侵害訴訟について、JinkoSolarは6月4日、米国国際貿易委員会(ITC)が「特許侵害はないと認定した」と発表した。

ハンファQセルズによると、同社は太陽電池セルの裏面にパッシベーション層(Passivation layer)を形成し、従来は無駄になっていた太陽光のエネルギーを閉じ込めることで発電効率を高める技術を実現している。今回争点になった特許は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.