> > CO2分離回収コスト削減が期待される「固体吸収法」、発電所での実証に着手

CO2分離回収コスト削減が期待される「固体吸収法」、発電所での実証に着手

石炭火力向け固体吸収法(移動層方式)のイメージ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月13日、CO2分離・回収コストの大幅な低減が期待される固体吸収法について、実際の石炭火力発電所で燃焼排ガスを用いたパイロット規模の試験を行う研究開発に着手すると発表した。

委託先として、川崎重工業(兵庫県神戸市)と地球環境産業技術研究機構(RITE/京都府木津川市)を採択した。事業期間は2020年度~2024年度。予算は63.5億円。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 85 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.