国交省、トラック輸送の省エネ化に補助金

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

国土交通省は8月17日、トラック事業者に対し「車両動態管理システム」等の導入を支援する補助事業の申請受付開始した。トラック事業者と荷主が連携して物流全体の効率化を図ることで、トラック輸送の省エネ化を推進することがねらい。1次公募の締め切りは8月24日16時。

トラック輸送は、運輸部門におけるエネルギー消費量の約4割を占める。省エネの取り組みが求められるものの、トラック事業者が単独で行うには限界があり、トラック事業者と荷主が連携して物流全体の効率化を図り、省エネ化を推進していく必要がある。

同補助事業は、トラック事業者と荷主との連携を要件に、「車両動態管理システムの導入」、「予約受付システム等の導入」、「配車計画システムの導入」、「AI・IoTによるシステム連系ツールの導入」に要する経費の一部を補助し、これらシステムの活用による輸送の効率化を実証することが目的。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報