APBの次世代型リチウムイオン電池、川崎重工の自律型無人潜水機に搭載

  • 印刷
  • 共有
今回使用される全樹脂電池(ケース外観)(出所:APB)
今回使用される全樹脂電池(ケース外観)(出所:APB)

APB(東京都千代田区)は7月20日、バイポーラ積層型の次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」を、川崎重工業(東京都港区)の自律型無人潜水機(AUV)に搭載し実証試験を開始したと発表した。

AUVの動力源として、APBと川崎重工が共同開発中の耐水圧型の全樹脂電池を搭載。まずは川崎重工・神戸工場内岸壁の試験エリアでAUVの出力試験を実施する。今後、連続航続距離、充電特性や耐水圧性など、AUV実機を用いた試験を実施していく予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事