> > アサヒビール、ビールテイスト飲料製造設備を新設 年間560tのCO2削減

アサヒビール、ビールテイスト飲料製造設備を新設 年間560tのCO2削減

アサヒビール博多工場(出所:アサヒビール)

アサヒビール(東京都墨田区)は7月21日、アサヒビール博多工場(福岡県福岡市)にビールテイスト清涼飲料の製造設備を新設すると発表した。同飲料は現在、福島工場、茨城工場、吹田工場で製造。博多工場で製造を開始すると、生産物流体制の平準化やトラック輸送距離の短縮により、年間のCO2排出量は約560t削減できる試算だという。

新製造設備は2020年8月に着工し、2021年5月稼働予定、設備投資金額は約31億円。これにより、同工場は年間約100万箱のビールテイスト清涼飲料の製造が可能となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.