三菱自動車、新型軽EV生産へ約80億円の設備投資 日産との共同開発検討

  • 印刷
  • 共有
三菱自動車 水島製作所(出所:三菱自動車)
三菱自動車 水島製作所(出所:三菱自動車)

三菱自動車工業(東京都港区)は7月28日、水島製作所(岡山県倉敷市)で新型の軽電気自動車(EV)を生産するための設備投資を8月から開始すると発表した。投資規模は総額約80億円。同EVはアライアンスを組む日産自動車との共同開発を検討している。

この投資では、おもに以下の3点を予定している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事