> > Apple、30年までにサプライチェーンで「カーボンニュートラル」達成へ

Apple、30年までにサプライチェーンで「カーボンニュートラル」達成へ

Appleのデータセンターに電力を供給するモンタギュー風力発電基地(出所:Apple)

Appleは7月21日、事業全体・製造サプライチェーン・製品ライフサイクルのすべてを通じて、2030年までに気候への影響「ネットゼロ(正味ゼロ)」を目指すと発表した。

同社はすでにグローバルな企業運営においてカーボンニュートラルを達成しているが、新たな目標では販売されるすべてのAppleのデバイスについても、2030年までに気候への影響をネットゼロにすることをめざす。

同日に公開した「環境に関する2020年の進捗報告書」では、同社全体の温室効果ガスの排出量(カーボンフットプリント)を2030年までに現在の75%減とする計画について詳述するとともに、残り25%の二酸化炭素を除去するための革新的なソリューションの開発についても言及した。

Appleの気候ロードマップ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.