> > 関西電力Gとスキー場運営会社、199kWの水路式水力発電所を着工 

関西電力Gとスキー場運営会社、199kWの水路式水力発電所を着工 

スキー場の運営などを行う奥伊吹観光(滋賀県米原市)は7月29日、関西電力のグループのKANSOテクノス(大阪府大阪市)とともに、最大出力199kWの水路式発電所「奥伊吹発電所」(米原市)の建設を開始したと発表した。運転開始は2022年6月を予定、固定価格買取制度を活用し全量を関西電力に売電する。

奥伊吹発電所は、淀川水系・姉川支流瀬戸谷川に設置する。年間発電電力量は1350MWh(約450世帯分相当)、CO2削減量は年間約620トンを見込んでいる。最大使用水量は0.25m3/S、有効落差105m。2月に両社の出資で新会社「奥伊吹水力発電合同会社」を設立し、地元の建設同意や許認可を得て、7月1日、建設工事に着手した。

スキー場運営で感じた気候変動への危機感

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.