> > マイクロソフト、2030年「カーボンネガティブ」に向けた進捗を発表

マイクロソフト、2030年「カーボンネガティブ」に向けた進捗を発表

(出所:マイクロソフト)

米マイクロソフトは7月21日、2030年までに「カーボンネガティブ」を実現するための新たな「重要なステップ」について発表した。

そのステップのひとつとして、再生可能エネルギーの開発と投資を手掛けるSol Systemsと新たな革新的パートナーシップを結んだことを明らかにした。今回のパートナーシップでは、米国内で環境問題によって不当な影響を受けているコミュニティに投資することも含め、500MWの再生可能エネルギーを確保できるよう取り組む。これにより、2025年までに100% 再生可能エネルギーに移行するという目標へと近づいた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.