TCFDガイダンス改訂版を公表 気候関連財務情報の開示をさらに進展

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は7月31日、民間主導で設立された「TCFDコンソーシアム」が、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に基づいた気候関連情報を開示するための解説書の改訂版「TCFDガイダンス2.0」を公表したと発表した。

ESG投資が拡大する中、投資家が企業の気候関連のリスクと機会を適切に評価できるような企業の情報開示フレームワークの重要性が増している。同ガイダンスでは、企業や金融機関のTCFD提言への疑問点の解消を目的に、金融機関の意見や実際の開示事例、TCFD提言策定時の議論を基にした解説/業種別の開示推奨項目/ガイダンスの内容を踏まえた今後の情報開示の進め方等について記載している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事