湘南国際マラソン、世界初マイボトル持参大会に 使い捨てカップ50万個全廃

  • 印刷
  • 共有
会見のようす(出所:湘南国際マラソン実行委員会)
会見のようす(出所:湘南国際マラソン実行委員会)

湘南国際マラソン実行委員会は8月4日、2021年2月28日の「第15回湘南国際マラソン」開催を発表するとともに、「ゴミを出さない大会」への挑戦をテーマに「世界初のマイボトル・マラソン」とすることを明らかにした。

従来のマラソン大会では給水ポイントに水の入った使い捨てカップが置かれているが、第15回湘南国際マラソンではカップを置かず、参加者は満水にしたマイボトルを携帯してスタートするという新たな競技規則を設ける。コース上には500カ所以上の給水ポイントを設置し、参加者自身でマイボトルに補充できる。また、その場で給水するためのマイカップの持参も強く呼びかける。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事