> > 水素を上空のパイプラインで輸送する実証事業、ブラザーなどが浪江町より受託

水素を上空のパイプラインで輸送する実証事業、ブラザーなどが浪江町より受託

実証事業に使われるブラザーの燃料電池「BFC4-5000-DC380V」

ブラザー工業(愛知県名古屋市)は8月6日、巴商会(東京都大田区)と横浜国立大学(神奈川県横浜市)とともに、福島県浪江町より、上空にパイプラインを敷設して低圧の水素を送る「水素柱上パイプライン輸送実証事業」を受託し、契約を締結したと発表した。

同実証事業では、旧浪江中学校の敷地を使用し、低圧の水素を輸送する全長400mのパイプラインを地上約5メートルに敷設し、ブラザー工業の燃料電池を使って発電安定性確認とリスクアセスメントを実施する。これにより、安定稼働と安全対策に必要な情報を得ることを目的とする。それをもとに今後の実使用に向けた法的な観点での課題検討まで行う予定。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.