環境省、エネ特予算450億円を「脱炭素・循環経済・分散型社会」に振替へ

  • 印刷
  • 共有
「選択と集中」実行本部第4回会合
「選択と集中」実行本部第4回会合

環境省は、省エネ対策や再エネ推進を支援する「エネルギー対策特別会計」(エネ特)予算のうち約450億円を、2020年度限りで原則廃止・見直し、新たな重点分野である脱炭素社会・循環経済・分散型社会への移行(3つの移行)の分野に振り替える。8月3日に開催した「選択と集中」実行本部第4回会合で取りまとめた改革案のなかで示した。

デジタル化、アウトソーシングなどによる徹底的な合理化・効率化により業務を削減し、創出したリソースは「3つの移行」を進める政策に集中、経済社会の「リデザイン」をめざす。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事