> > 東京電力PGと関西電力送配電、「スマートレジリエンスネットワーク」設立

東京電力PGと関西電力送配電、「スマートレジリエンスネットワーク」設立

既存インフラと分散リソース統合(出所:東京電力パワーグリッド/関西電力送配電)

東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)は8月5日、脱炭素化やレジリエンス強化といった社会課題解決のため、エネルギー・データ・ヒューマンリソースなど、分散して存在するリソース(分散リソース)を連携させ、産官学の枠を超えて協力し合う「スマートレジリエンスネットワーク」を設立したと発表した。関西電力送配電(大阪市北区)もこの趣旨に賛同、共同で推進していくとした。

同ネットワークは、分散リソースを社会全体の資産として活用できるよう相互につなげる社会基盤の実現に向け、より多くのリソースがつながるよう社会へ積極的に働きかける活動を展開するとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 38 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.