> > アスクル、再エネ比率を34%へ拡大 物流拠点に導入しEVの充電にも活用

アスクル、再エネ比率を34%へ拡大 物流拠点に導入しEVの充電にも活用

アスクルが導入しているEV(出所:アスクル)

アスクル(東京都江東区)は8月8日までに、ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)が提供する再生可能エネルギー100%電力プランを、物流センター2拠点へ導入した。これにより、グループ全体の電力使用量における再生可能エネルギーの比率は25%から34%に拡大した。

アスクルは2016年7月に、2030年までに事業所から排出するCO2と配送にかかわるCO2をゼロとするチャレンジに向けて取り組んでいく「2030年CO2ゼロチャレンジ」を宣言した。この宣言以降、対策を一層加速させるため、2017年に国際ビジネスイニシアティブである「RE100」「EV100」に同時加盟した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.