> > みんな電力、有機農業支援型の「ソーラーシェアリング事業」を開始

みんな電力、有機農業支援型の「ソーラーシェアリング事業」を開始

栃木県宇都宮市「阿久津さんの有機小麦太陽光発電所」(出所:みんな電力)

みんな電力(東京都世田谷区)は8月19日、同社を通じて営農型太陽光発電所で発電した電力を売電することで、有機農業の運営支援につなげる「有機農業支援型ソーラーシェアリング事業」を開始した。太陽光発電事業などに取り組むグリーンシステムコーポレーション(GSC/栃木県宇都宮市)との業務提携により実施する。

GSCが所有する太陽光発電所の一つ、栃木県宇都宮市の営農型太陽光発電所を「阿久津さんの有機小麦太陽光発電所」とし、みんな電力独自のブロックチェーンを活用したP2P電力取引システム「ENECTION2.0」を用いて、発電した電力を同社と契約のある法人顧客の需要量と30分ごとにマッチングし「顔の見える電力」として売電する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.