> > GMとHonda、北米で協業を検討 研究開発・購買・コネクテッド等で

GMとHonda、北米で協業を検討 研究開発・購買・コネクテッド等で

画像はイメージです

ゼネラルモーターズ(GM/米国ミシガン州)とHonda(東京都港区)は9月3日、北米四輪でのアライアンス確立に向けて、幅広い協業の検討を始める覚書を締結したと発表した。研究開発・共同購買・コネクテッドサービスなどの領域で協業の可能性を検討。両社の上級幹部で構成された「合同ガバナンス委員会」によって運営される。2021年初頭の共同作業開始を目指す。

GMとHondaの関係は20年以上前から始まっており、今回のアライアンスは、過去のEV協業などの実績に基づいて構築した。両社はこの取り組みがイノベーションを加速させ、経営の効率化と資本の有効活用による先進技術領域への効果的なリソース展開を可能にするとしている。

主な協業検討領域

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.