> > 三井化学、プラ廃棄物の再利用促進へ長岡技術科学大と共同研究

三井化学、プラ廃棄物の再利用促進へ長岡技術科学大と共同研究

長岡技術科学大学(出所:三井化学)

三井化学(東京都港区)は9月15日、長岡技術科学大学(新潟県長岡市)大学院工学研究科機械創造工学専攻髙橋勉教授と、プラスチック廃棄物の再利用を促進する技術の共同研究を開始したと発表した。

プラスチック廃棄物は、様々な状態のプラスチックの混合物である場合が多く、マテリアルリサイクルで加工する際、加熱溶融されたプラスチックの流動性は一定ではない。そのため再生プラスチックの品質を維持できないことや用途が限定されるといった課題を抱えている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.