> > 環境省の21年度概算要求、エネ特に2254億円 PPA等で再エネ価格低減

環境省の21年度概算要求、エネ特に2254億円 PPA等で再エネ価格低減

クリックで拡大します
(出所:環境省)

環境省は2021年度予算の概算要求額をとりまとめ公表した。エネルギー対策特別会計を活用した温室効果ガス削減施策に、2020年度予算額比1.3倍となる2254億円を計上した。「脱炭素社会」「循環経済」「分散型社会」への3つの移行に向けた取り組みを支援・推進する。なお、一般会計では総額3490億円(前年度予算額3090億円、除く原子力規制委員会)を要求した。

エネルギー対策特別会計のうち、「脱炭素でレジリエントかつ快適な地域づくり」を目指す施策では、新規事業として、感染症対策を行いながら、災害時にも避難施設等へのエネルギー供給が可能な再生可能エネルギー設備等の導入を支援する事業(92億円)や、地域への再エネ導入を計画的・段階的に進める戦略策定と地域人材の育成を支援する事業(30億円)が盛り込まれている。

また、PPA(電力販売契約)活用など再エネ価格低減等を通じた地域の再エネ主力化・レジリエンス強化促進事業に、2020年度予算額比4.7倍となる

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.