> > 日本触媒、リチウムイオン電池用の電解質増産へ 24年に100億円超目指す

日本触媒、リチウムイオン電池用の電解質増産へ 24年に100億円超目指す

リチウムビス(フルオロスルホニル)イミド〈LiFSI〉(出所:日本触媒)

日本触媒(大阪府大阪市)は10月1日、リチウムイオン電池用の新規電解質「イオネル~リチウムビス(フルオロスルホニル)イミド〈LiFSI〉」の増大する需要に対して、独自プロセスによる新規製造設備の建設に向けて「イオネル建設チーム」を設置し、設備設計に入ると発表した。

新製造設備は、年間生産能力2,000トン(既存設備は同300トン)で、化学工業薬品の製造販売や受託加工業務を行う日触テクノファインケミカル(千葉県千葉市)に立地。同設備の商業生産は2023年春をめどに開始する予定で、2024年には100億円超の売上高を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 49 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.