> > 竹中工務店、光源にLEDを採用した飛来虫の吸引捕虫機開発 捕虫量57%増

竹中工務店、光源にLEDを採用した飛来虫の吸引捕虫機開発 捕虫量57%増

バグキーパーLED(出所:竹中工務店)

竹中工務店(大阪府大阪市)は10月5日、食品・医薬品製造施設など、特に害虫管理が求められる建物向けに、光源にLEDを採用した飛来虫の吸引捕虫機「バグキーパーLED」(特許取得済)を開発し、2021年5月より販売開始すると発表した。製造・販売は日本エアーテック(東京都台東区)が担当し、既存建物などへ広く展開していく。

同製品は、LEDを採用した紫外線光源で飛来虫を誘引し、ファンの吸引により捕獲する吸引捕虫機。

LEDの長所である、狭小かつ虫を誘引しやすい波長の紫外線を放出することで、現行機と比較して、約57%の捕虫量増加、消費電力は約10%削減された。また、LEDを使用することで

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.