> > 長野県のグリーンボンド、JARCほか30団体が投資表明

長野県のグリーンボンド、JARCほか30団体が投資表明

長野県庁

長野県は、10月7日、県内におけるESG投資の活性化を促進するために、県として初めて発行したグリーンボンドへ、投資を表明した30の投資家を発表した。

同グリーンポンドは発行額50億円。「小水力発電所の設置」「県有施設の設備等の更新(空調設備の更新、照明のLED化、高断熱化等)」など環境への好影響が大きいと想定される事業や、「水害対策のための河川改修」「土砂災害対策のための砂防、治山、地すべり、急傾斜地崩壊対策」など気候変動に適応するための事業に充当される。利率は

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.